ドラッグストア電脳せどらー ひら きょうこの日記

せどりで人生が変わった元OLのブログです。せどりは副業にもオススメ。アプリやスマホを使った在宅ワークにも。

せどりで自由と収入を手に入れた

会社にしがみつくのは、もうやめた!私はPC片手に生きていく!
ひら きょうこ
プロフィール
せどり初心者の方へ
初心者向け無料講座
プレゼント付き♪
無料でメルマガを読む

せどり初心者向け無料講座(7)Amazonに開店しよう

 こんにちは!

 
ドラッグストア電脳せどらー
ひら きょうこ です(^-^)/
 
私の詳しいプロフィールはこちら
 
 
今日は初心者向け無料講座の第7弾★
 
初心者向け無料講座も終盤になってきました。
 
今回は実践編。
Amazonでの開店方法についてご紹介します。
 

Amazonに開店しよう

Amazon開店に必要なもの

Amazonで開店するのに必要なものはこちらです。

  1. メールアドレス
  2. Amazonアカウント
  3. クレジットカード
  4. 銀行口座
以上!
 
既に持っているものを使っても良いですが、
出来ればショップ用に用意することをお勧めします。
 
1.メールアドレス
そのメールアドレスに
Amazonからの重要なメールや
お客様からの問い合わせなどが送られてくるので、
出来れば専用のものを作りましょう。
 
2.Amazonアカウント
Amazonのアカウントをすでに持ってる人は
それでも良いです。
 
だけど、1のメールアドレスで新たに登録した方が
管理がしやすいと思います。
 
3.クレジットカード
Amazonに支払う手数料等の決済に使われます。
 
通常は売上と相殺するので、
売上がゼロなんてことにならない限り、
クレジット払いになることはないはずなんですが、
Amazonのアカウント登録の際に必要です。
 
また、仕入れにはクレジットカードを使用します。
 
会社勤めしているうちに、
また専業主婦でも旦那さんの扶養に入っているうちに、
数枚、クレジットカードを作っておくことを
オススメします。
 
仕入に行くと思われる店舗のクレジットカードなどなど。
 
通常の買い物だとそんなにつかないポイントも、
仕入に月何十万も使っていると、
ポイントだけで数万円分付くこともあります。
 
単に支払いに必要というだけではなく、
こういうところで少しでも収益を増やしたいですね
 
お待たせしているメルマガ登録の特典の中に
お得なクレジットカードの情報をまとめたものを準備中なのでね☆
 
お楽しみに♪
 
4.銀行口座
Amazonから2週間毎に売上が振り込まれます。
そのための口座です。
 
一度登録しても、
セラーセントラル(Amazonの管理画面)上で
すぐに変更可能です。
 
 

Amazonに登録しよう

Amazonトップページの一番下にある

この画像(↓)の赤枠部分「Amazonで売る」

をクリック

f:id:hira-kyoko:20161220122928p:plain

■大口契約と小口契約の違い

こんな画面が現れます。

f:id:hira-kyoko:20161220123357p:plain【大口契約】

『月額5292円(税込み)』+『販売手数料』がかかります。

 

【小口契約】

『売れた商品1点ごとに100円』+『販売手数料』がかかります。

 

単純計算で、ひと月に50個以上売れるようなら

大口契約がお得になりますね。

 

手数料だけを考えるなら、

取扱商品数が少ないうちは、小口契約の方が良いです。

 

ただしっ!!!

 

大口契約にはとっても大きなメリットがあります。

  

■大口契約の一番大きなメリット

 それは、

 

カートボックスをとれる

 

ということです。

 

カートボックスをとる

というのは、例えばこういう事です。

f:id:hira-kyoko:20161220124654p:plain

まずこの商品、出品者が133人もいます。

 

その中からお客様は商品を購入することになりますが、

お客様が「カートに入れる」をクリックすると、

上の画像の紫色で塗りつぶした部分に表示された出品者の商品を

カートに入れたことになります。

 

Amazonで買い物をする場合、

いちいち出品者一覧を見に行かず、

ぽちっと「カートに入れる」を押すことも多くないですか?

 

なので、

いかに紫色の部分に表示されるか

=いかにカートをとるか

が売行きに大きく影響するわけです。

 

もちろん、 

「たくさん売れるようになるまで

 小口契約でいいや」

 でも良いです。

 

副業の方で、仕入にあまり時間の取れない方は

小口契約にしておいて、

少しずつ商品数を増やしていきましょう。

  

■店舗名を決めよう

 ここでは大口契約の説明をしますね。

 

『大口出品登録へ』をクリックすると

店舗名を決める画面に行きます。

 

f:id:hira-kyoko:20161220130138p:plain

店舗名は後で変更することはできます。

 

でも、どちらにしろ早めに作っておいた方が良いので、

出来れば最初のうちにきちんと決めておきましょう。

 

もし後で良い名前が浮かんだら、

それに変えればいいんです。

 

■店舗名の考え方

店舗名を決める時に、いくつかポイントがあります。

  • 特定のジャンルをイメージさせない名前
  • 信頼できそうな名前

 例えば、「東京トイショップ」というお店が

ビジネス本を販売してたら変ですし、

「ジャンク堂」なんていうお店で

新品商品を買うのは躊躇しちゃいますね^^;

 

他の出品者の店舗名をチェックしてみるのもオススメです。

 

何か良いヒントを貰えるかもしれません。

 

それと、名前プラス『▲◎本店』とするのもオススメ

 

他に支店がなくても、です。

他に社員がいなくても、です。

 

なんとなく、これだけで大きな会社のような印象になりますね

 

店舗名を登録したら、

あとは画面の指示に従って手続きを進めます。

 

その他の登録事項

■銀行口座の登録

セラーセントラル⇒(画面右上)設定⇒出品者アカウント情報で

この画面が開きます。

f:id:hira-kyoko:20161220132349p:plain

 ここでAmazonからの売上の振込先を登録しておきましょう。
 
特定商取引法に基づく表記を登録

セラーセントラル⇒(画面右上)設定⇒情報・ポリシー⇒出品者情報

でこの画面が開きます。 

f:id:hira-kyoko:20161220132648p:plain

【入力が必須の項目】 

  • ショップ名
  • 住所
  • 電話番号
  • 氏名

 住所や電話番号など、

本当の情報を開示したくない場合は、

レンタルオフィス(有料)などを利用するのも手ですね

 

最後に

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆祝☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆

  おめでとうございます!

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆・*:.。.

 

これで基本的な出店手続きは完了です。

 

貴方はこれからお店の運営者。

 

一緒に大きくしていきましょうねp(^0^)q

 

 

それと、分からない事がある場合は、

どしどしAmazonに聞いちゃいましょう

 

Amazonのサポートセンターの方は

皆さんとっても親切です。

 

メールなら24時間以内に、

電話なら、通話代無料ですぐに対応していただけます。

Amazon出品(出店)サービス | サポート体制

 

初心者向け講座はあと少し。

 

商品登録の仕方やコツ、

FBAというシステムについても

次回以降ご紹介していきますね(^ー^)ノ

 

 

質問などがあれば、
 
お気軽にコメント欄にでもご質問くださいね(^ー^ノ
 
ブログの感想などもお待ちしています♪
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました(^-^)/